スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の乱れの結果・・

・・が出た模様です。

大きく振れた部分はおそらく11日のソロモンのM6.8とスペインのM6.3。
次に振れた箇所に当たるのが今回14日のチベットの地震M6.9ということでしょうかね。

やはりHAARPがおおきく触れた場合は、M7クラスに近いものが起きそうと注意すれば
いいいのかもね。・・・ただし地球の何処かで、ですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。